SKYCOM EYE 用途例

3次元視線解析ソフトウェア

3次元視線解析ソフトウェア「SKYCOM EYE」(スカイコム アイ)は、モーションキャプチャシステム「OptiTrack」と視線計測機を同時収録し、解析を実現するソフトウェアです。OptiTrackで視線計測機をトラッキングするため、ワールド座標系での3次元視線を高精度に解析できます。

作業性評価

SKYCOM EYEは、作業性の評価を行う事が可能です。視線の動きだけでなく、手指等の身体の動きや対象の位置を同時に計測し、解析する事ができます。例えば、熟練者と非熟練者の作業を比較する事で、新人トレーニングや作業プロセスの改善に役立てる事ができます。

SKYCOMEYEusecases_2

スポーツパフォーマンス分析

SKYCOM EYEは、スポーツパフォーマンスの分析にも活用できます。身体の動きと視線を同時に計測・解析する事で、身体がどの方向の時に、視線はどこを見ているのか等の複合的な分析が可能となります。さらにOptiTrackは屋外での計測にも対応しているため、現場での計測が可能です。

SKYCOMEYE_usecases1

運転動作分析

SKYCOM EYEは、自動運転化技術で注目を集めている運転動作の分析にも役立ちます。OptiTrackのカメラは、キャリブレーション不要のV120: Duoや広角のPrime 13Wをはじめ、車載で使われる実績があります。運転者の走行時の視線推移を3次元的に自動解析します。

SKYCOMEYE_usecases3