SKYCOM EYE ワークフロー

3次元視線解析ソフトウェア

3次元視線解析ソフトウェア「SKYCOM EYE」(スカイコム アイ)は、モーションキャプチャシステム「OptiTrack」と視線計測機を同時収録し、解析を実現するソフトウェアです。OptiTrackで視線計測機をトラッキングするため、ワールド座標系での3次元視線を高精度に解析できます。

ワークフロー

測定空間を自由に構築

    視線計測機を含む対象を囲うようにOptiTrackのカメラ複数台で囲んで計測空間を構築します。その後、グローバル座標系の原点と軸方向を定義します。

視線計測機のキャリブレーション

    視線計測機で同行の位置をキャリブレーションします。その後、OptiTrackで視線計測機の位置を特定できるよう、専用のマーカーセットを取り付けます。

カウントエリアの指定&計測

    SKYCOM EYEで3次元位置座標と視線情報を同時に取得します。必要に応じ3次元空間上の平面的なエリアを指定しておくと、自動で指定エリアへの侵入時間・侵入までの順序・回数等を集計します。

取得したデータの解析

    SKYCOM EYEで取得したデータを解析します。身体のマーカーを取り付け、OptiTrackで同時に計測すると、視線と動作の解析が同時に行えます。