SKYCOM EYEの機能



ワークフロー

測定空間を自由に構築

    視線計測機を含む対象を囲うようにOptiTrackのカメラ複数台で囲んで計測空間を構築します。その後、グローバル座標系の原点と軸方向を定義します。

視線計測機のキャリブレーション

    視線計測機で同行の位置をキャリブレーションします。その後、OptiTrackで視線計測機の位置を特定できるよう、専用のマーカーセットを取り付けます。

カウントエリアの指定&計測

    SKYCOM EYEで3次元位置座標と視線情報を同時に取得します。必要に応じ3次元空間上の平面的なエリアを指定しておくと、自動で指定エリアへの侵入時間・侵入までの順序・回数等を集計します。

取得したデータの解析

    SKYCOM EYEで取得したデータを解析します。身体のマーカーを取り付け、OptiTrackで同時に計測すると、視線と動作の解析が同時に行えます。

計測機能

  • ・視線計測機の座標系からモーションキャプチャの座標系への変換
  • ・指定エリアへのカウント
  • ・指定エリアのカウントの集計結果出力(CSV)
  • ・ヒートマップの生成
  • ・記録データの再生成

表示機能

  • ・モーションキャプチャ・視線データのリアルタイム3D表示
  • ・視線計測機のカメラ映像のリアルタイム表示
  • ・3次元視線情報表示
  • ・3次元オブジェクト表示
  • ・ヒートマップ表示

算出項目

  • ・視線計測カメラ座標、姿勢角
  • ・瞳孔中心座標
  • ・注視位置座標
  • ・瞳孔径