TOP > OptiTrack Japanのシゴト > OptiTrack Japanの製品開発力

OptiTrack Japanの製品開発力

目的に最適な提案を行うための製品開発力

モーションキャプチャ技術の根幹は、リアルタイムに高い精度で座標データを取得することです。その取得したデータを用い、時には計測し、時には制御し、時には表現する。用途は広く、求めるアウトプットは目的によって異なります。それぞれのニーズを実現するために、ソフトウェアの開発やハードウェアのカスタマイズを行い、システムとして総合的な製品開発を行っています。計測機器として、検査機器として、制御機器として、そして教育ツールやポテンシャル発見システムとして、モーションキャプチャを軸に様々なシステムとアプリケーションを開発しています。

目的に最適な提案を行うための製品開発力

ソフトウェアの自社開発

モーションキャプチャーを計測機器に変えるソフトウェア「SKYCOM」の開発を中心にサードパーティソフトウェアとの連携ツールやデータ変換ツール、特定用途のカスタムソフトウェアの開発を行います。また、モーションキャプチャ以外の機器によるセンシングを同時に制御できるツールの開発や、クラウドへのデータ連携等、既存システムへの連携に向けた開発の実績も数多くあります。最新の開発環境で、ユーザビリティの高い設計や業界のトレンドに柔軟に対応した開発を行っています。

ソフトウェアの自社開発

ハードウェアのカスタマイズ

ニーズに合わせ、ハードウェアのカスタマイズやカスタムメイドカメラの開発も行います。特定な用途に向けたカメラやレンズ等の光学系、画像処理のアルゴリズム等、様々な要素から要件定義、設計からシステムの開発まで行う事が可能です。

ハードウェアのカスタマイズ