HOME > Applications > VR/ARセンサー

VR/ARセンサー

VR/ARセンサー

世界中で使用されているVR/ARセンサー

VR(仮想現実、バーチャルリアリティー)やAR(拡張現実)のセンサーとして正確かつ簡単にセンシングできるモーションキャプチャOptiTrack。VRやARで非常に重要となるトラッキング技術は、高精度かつ非常に低いレイテンシーが特長です。HMD(ヘッドマウントディスプレイ)やCAVE等を用いた環境で、よりリアルな体験を演出できるそのパフォーマンスの高さが評価されています。

OptiTrackのVR/ARセンサー

様々なVRプラットフォームに対応

VRやARのコンテンツ制作で多くのユーザーに支持されているUnityやUnrealに対応したプラグインを無償で提供しています。このプラグインを使うことで、OptiTrackからストリーミングされるデータとコンテンツの紐づけが簡単に行えます。さらに、独自でプログラムを作られている方には無償のNatNet SDKをお使いいただくことで、リジッドボディ(剛体)の6自由度の位置と向きの情報等をリアルタイムに受け取る事が可能です。ワンクリックでユニキャスト、マルチキャスト、VRPNなどの業界標準フォーマットで出力します。OptiTrack のプラグインはUnity、Unrealの他、MotionBuilder、Maya向けに提供しています。

様々なVRプラットフォームに対応

関連ページ

アクティブトラッキング

アクティブトラッキングとは、これまで一般的だった反射式のマーカーではなく、自発光式のマーカーを使った方法です。モーションキャプチャでは「反射マーカー」を使い、カメラから発光されるLEDを受ける方式が一般的でした。その場合、VRやARの空間で複数人の複数か所をトラッキングする際、個々のリジッドボディの識別を反射マーカーの配列で行います。つまり、トラッキングする箇所が増えれば増えるほど、ユニークなマーカー配列を考えるのは大変な作業です。アクティブトラッキングでは専用ベースステーションでマーカーの光る順番をコントロールする事により、単一のマーカー配列でも個体認識を可能にします。このアクティブトラッキングでは、マーカーが目立たないメリットもあり、インストール面・運用面の双方で利便性が向上します。

アクティブトラッキング

卓越したトラッキング精度と低レイテンシー

OptiTrackのソフトウェア「Motive」、 カメラ「Primeシリーズ」、Micronキャリブレーションワンドの組み合わせにより20μmの精度でジッターやノイズのないトラッキングを実現しています。さらにカメラの中で画像処理を行うため、効率的なデータの送信を行っています。5msec以内*に外部のネットワークにデータを出力する事が可能で、プレーヤーに実際の動きと映像の遅延を感じさせません。
*カメラのフレームレートを240fpsでトラッキングした際の最大遅延(Prime 17W、Prime 13、Prime 13W、Slim 13E使用時)。

卓越したトラッキング精度と低レイテンシー

大規模空間でのVR/AR空間の構築

OptiTrackは複数台のカメラでキャプチャ空間を構成するため、数十m四方の大空間でもVRやARのトラッキングを行う事が可能です。過去には200台以上のカメラをつないで空間を構築した実績もあります。広い空間をプレーヤーが自由に行動し体験できるコンテンツを提供する事が可能となります。

大規模空間でのVR/AR空間の構築

正確な同期

同期用ユニット「eSync 2」はカメラと様々な同期信号による完全同期を実現します。例えばビデオゲンロック信号等との同期を行い、かつ、シャッターのオフセットはμsec単位で行う事が可能です。3Dグラスとの同期も容易に行う事ができます。

正確な同期

関連ページ