TOP > Applications > 動作分析

動作分析

動作分析

OptiTrackで動作分析

人の動き分析が活躍するフィールド

バイオメカニクスの学術的なアプローチはもちろん、スポーツパフォーマンス分析、医療分野でも3次元動作分析に活用できます。さらに、作業効率分析や熟練者の匠の技術のデジタル化と伝承・教育等、人の動きの分析は多岐に渡ってデジタル化が効果を発揮します。軽量のマーカーを体に貼付するだけで、身体の姿勢や関節の動きをリアルタイムでデジタル化していきます。

人の動き分析が活躍するフィールド

全身も手指等の特定部位も

動作分析は全身の動きと同時に、指の動きや脊椎、胸椎、腰椎の動き、表情の動き、咀嚼の動き等、特定の部位の計測においてもOptiTrackは効果を発揮します。例えば細かいものを削る指の動きや神経の伝達を反映する指の動き等、必要な箇所の微細な動きも数値化します。

全身も手指等の特定部位も

様々な生体信号も同期計測

床反力・筋電・心電・脳波といった様々な信号を取得する計測機との同期計測をMotiveにて一括データ取得を行います。また、視線カメラの情報をMotiveで表示する事も可能です。OptiTrack Japanの技術力で更に様々なデバイスとOptiTrackを連携させ、必要とする信号の全てを簡単に同期一括収録を行う事を実現しています。

様々な生体信号も同期計測

動力学計算

Motive Bodyと床反力計で取得したデータをSKYCOMのオプションソフトウェアBody Advancedにて逆動力学計算を瞬時に行います。関節角度、関節モーメント、身体重心を算出し、すぐに比較計測やフィードバック、データの蓄積を行う事ができます。

動力学計算

作業現場や臨床で

OptiTrackは可搬性に優れ、作業現場や病棟へ持ち込み動作分析を行う事が容易です。作業員の導線や全身運動等の大きい動きから、指先や表情、足部のような特定部位の細かい動きまで、幅広く分析できます。モノの加工をはじめとした熟練者の動き、治療前後の細やかな手指の動き、刺激介入時の手指の動きのセンシング等、様々な現場でOptiTrackは活躍しています。

全身だけでなく手指や足部も

屋外をはじめとした様々な環境で

通常の実験室だけでなく、病棟や競技場、氷上や雪上での使用も可能です。 スポーツパフォーマンス分析やライン作業の評価等を行う際、屋外であったり、強い西日が入ったりするような環境においてもOptiTrackはノイズの発生等も少なく、安定したセンシングを行います。

屋外を始めとした様々な環境で