TOP > Applications > 自動制御

自動制御

自動制御

OptiTrackで自動制御

モーションキャプチャ×ロボット

人による加工作業をデジタル化した際、そのデータを用いてロボットをコントロールする事ができます。また、応用により非常に時間のかかるロボットのティーチングやリアルタイム遠隔操作、ロボット自体の誤差を計測して行うフィードバック制御等、モーションキャプチャ×ロボットで様々な分野への応用が可能になります。

モーションキャプチャ×ロボット

異なる座標系の変換技術

OptiTrackの高精度なセンシング情報を使うと、これまで難しかった高精度な制御を実現できます。ただ、モーションキャプチャにはモーションキャプチャの、ロボットにはロボットの、加工する対象物には対象物のそれぞれの座標系があります。オプティトラック・ジャパンでは、その座標系を変換する技術も含めて提案しています。

異なる座標系の変換技術

OptiTrackでティーチング

ティーチングと言われるロボットに動きを覚えさせる作業。通常コントローラを用いた非常に手間のかかる作業ですが、OptiTrackを使えば、自分が動いた通りにロボットが動いてくれるリアルタイムティーチングを実現します。

OptiTrackでティーチング

OptiTrackで遠隔操作

OptiTrackを用い、リアルタイムでロボットを遠隔操作する事ができます。クリーンルームや高温な環境においてインタラクティブなロボットコントロールが必要な環境で役立ちます。別室のモニターを見ながら人がツールを動かすとネットワーク経由でリアルタイムにロボットを動かすシステム。作業負荷の低減や作業環境の向上による作業効率の改善にもOptiTrackは寄与します。

OptiTrackで遠隔操作

OptiTrackでビジュアルフィードバック

OptiTrackは5msec以下の遅延でデータを伝達します。対象の動きに合わせて高精度にロボットのビジュアルフィードバック制御を行う事ができます。加工対象の部材を保持するロボットの姿勢をセンシングし、フィードバックにて加工制御を行う事が可能です。

OptiTrackでビジュアルフィードバック

OptiTrackでドローン制御

ドローンやクローラーの位置を正確に制御して加工や外観計算等を自動で行う事も可能です。また、ドローンの写真と位置の情報を同期して取得し、傷検査等のシステム構築も実現できます。また、マスタードローンの飛行を複数のスレーブドローンに追随させ、編隊飛行を実現する事も容易です。

OptiTrackでドローン制御